ママ会や立食パーティにも使えます

コスパと自分がやりたいことを盛り込む

パーティの幹事を任された際、TPOやその会合の目的に応じてどの会場をおさえるかということに頭を悩ませるかもしれません。
まずは、予約に応じた会場の予約ですが、どうしてもそこで花火を上げる演出をしたい、犬や猫をつれてきたい、といった要望に応えられる会場はそう多くはありません。
イベント会社などでプロに相談するのがもっとも楽な方法ではあります。
レンタルスペースの会社には、屋外や屋内であっても様々な場所をレンタルしてくれるところがあります。
自分たちがやりたい演出や、ケータリング業者や、使えるアメニティがあるのか、外注できるのか、持ち込みはできるのか等々なんでも相談してみましょう。
プロにまけない位の、入念な打ち合わせがパーティを成功させるカギです。

アットホーム感と閉鎖性

レンタルスペースの特徴として、個室の閉鎖性と、イベントを自分の好きなように盛り上げられるというところがあります。
防音設備が非常にしっかりとしていたり、シャワーなどの設備なども整っていたりするため、雀荘の代わりとして利用される方もいいます。芸能人などのお忍びカップルの逢瀬として使われることもあるようですよ!
ちょっと変わったところでいうと、モノレールも1両まるごと貸してくれるところもあります。
会社や地域のイベント、飲み会など、周囲をきにせずに自由に騒げて飲める、電車車両ということでSNS映えもしますし、話題性にも事欠きません。
安価で、みんなが楽しめるイベントを企画されたい方は、こうしたちょっと変わり種の会場をおさえてみるのもよいかもしれません。